着物を借りる人が急増している理由

以前は、着物は高級品として取り扱われ、母から娘への代々引き継がれる大切な衣服として考えられていた時代がありました。現在でも、一部の人はそのようなしきたりを守っていますが、着物レンタルショップが急増しており、購入するよりも、レンタルで気軽に借りるというスタイルが、若年層を中心として一般的になっています。
都心部のターミナル駅を中心として、レンタルショップは以前からありましたが、近年は京都や金沢などの古都の駅周辺にもお店ができています。また、小さめの観光地や温泉街にもレンタルショップが登場しており、古い町並みを着物を着て散策する姿が増えており、それをSNS上でアップすることが一般的になっています。日本人だけではなく、外国人にもレンタル店は人気です。

買わずにレンタルする背景

成人式や卒業式、結婚式などの特別なイベントの日には、羽織袴や振袖を着る人は現在でも多いですが、レンタルで借りる人の割合が年々増加していると言われています。その背景には、購入する際の費用があると言われています。
また、購入後の維持コストも高くなりがちであり、クリーニング代なども通常の衣服と比較して高額であり、防虫剤などを用意して保管しなければならないなどの不便な点もレンタル人気の理由になっています。
さらに、レンタルショップの中には、着付けを行ったり、小物のレンタルサービスをしているところも増えており、顧客は手ぶらで出かけてレンタルショップに行き、着替えることができるという手軽さも人気の理由になっています。メイクアップや髪型のセットをしているショップも出てきています。

格安で販売するリサイクルショップも登場

レンタルショップを利用する場合、多くの顧客は、インターネット経由でホームページやウェブサイトを確認し、ショップで提供されている商品を確認し、あらかじめ予約を行うことが一般的になっています。
一度、レンタルショップで着てみて、自分に合った商品をリサイクルの形で購入するスタイルが出てきており、それに対応する形で商品を販売するリサイクルショップが出てきています。
リサイクルショップであれば、新品の商品よりも格安の価格で購入することができ、振袖や浴衣を着る機会が多い人にとっては、お気に入りの商品を手に入れる喜びを得ることができます。
宅配レンタルで、商品を提供する業者も登場しており、自宅や宿泊先で商品を受け取り、着終わった後は、宅配で返却できるとても便利なサービスです。

Comments are closed.